07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

減らす予定が増えてしまった 

募集方法がいろいろと言われているシルクですが、少しづつ減らしていく予定が増えてしまいました。
来年からは2頭~3頭にしようと思っています。

その分ほかのクラブにシフトしていくようになるでしょう。
当然どこかのクラブに入るようになるでしょうが、金額でいけばわたしみたいな貧乏人はノルマンディの価格帯が一番かな。

今年のシルクの出資馬は下記のように決定しました。
マハーバーラタの16 父ハービンジャー 斉藤崇厩舎
厩舎は初めてなのでよくわかりません。
ハービンジャー産駒の中ではアーデルハイトの16が圧倒的な人気で、マハーバーラタの16とサトノジュピターの16は全く人気無し。
金額は3頭とも1口36,000円だが、実績からだとアーデルハイトの16にいくのは当然でしょうね。

グリューネワルトの16 父ルーラーシップ 奥村豊厩舎
この馬も人気無し、ただそのうち満口になりそうな感じはします。
ひとつくらいは勝てると思っていますが、どうでしょうか。

ウィストラムの16 父ダノンシャンティ 和田正一郎厩舎
兄弟はそれなりに走っているので、ある程度は期待してもいいかな。
5月生まれで380kgぐらいしか無いので、デビュー時420kg~430kgあたりになっていて欲しい。

リングレットの16 父トーセンホマレボシ 大和田厩舎
父のトーセンホマレボシはカンパニーのように、そのうちどこかに追いやられると思います。
母は高齢で産駒はみんなイマイチの成績。
4月生まれで体も小さいので、全く売れないでしょう。
最後まで満口にならないと思います。
アンジェリックを育ててもらった大和田厩舎なので、とりあえず出資しました。
期待は全くしてません。

レースパイロットの16 父タートルボウル 高柳厩舎
結果の出ないタートルボウル産駒、牡馬にしては体重の380kg台で小柄。
5月生まれなのでデビューするときは530kgあたりかな。
母の成績はそんなに悪くは無いが、産駒の成績は良いとは言えない。
ディアジーナの産駒と同等あたりでしょうかね。

とにかく400kg以下が5頭もいるんだから、いかに体を増やすかが問題。
来年の桜の咲く頃でも、わたしの出資した馬は何頭か残っているのは確実でしょう。

今年の1歳馬の出資は、他のクラブに期待することとしよう。


スポンサーサイト

[edit]

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

1口DB

馬主・1口馬主

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ