05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

さあ日本ダービー 

一口出資者としてはこの日本ダービーに出られたらいいなぁと思って出資するわけですが、今年は個人馬主の方が多いですね。
珍しくサンデーRの馬の出走がありませんが、キャロットは気を吐いて3頭出走です。
桜花賞も日本ダービーも出走馬を見ると、やはりシルクよりキャロットの方が上だなぁと思わされちゃいますね。

皐月賞は3強の牙城があっさり崩されて、ディーマジェスティが優勝。

ダービーまで3強と呼ばれた年は、アサカオー、タケシバオー、マーチスの年代。ロングエース、ランドプリンス、タイテエムのインフルエンザで関東馬が壊滅した年代。トウショウボーイ、テンポイント、クライムカイザーの年代。岡部、武豊、柴田政人3頭でクラシックを分け合ったナリタタイシン、ウイニングチケット、ビワハヤヒデの年代。同じく皐月、ダービー,菊を分け合ったテイエムオペラオー、アドマイヤベガ、ナリタトップロードの年代。
こう見ると皐月賞は3頭のうちどれか1頭は勝ってます。
そう考えると皐月賞まで3強と言われていたのは、今年は3強では無かったと言ってもいいでしょうね。

能書きはこのくらいにしてダービーはディープ産駒の戦いにキンカメを加えた争いですかね。
皐月賞で6着のマウントロブソンや8着のロードクエストが50倍以上ですからね。

ダービーは何が勝つか楽しみです。
明日は久々に現地観戦です。






スポンサーサイト

[edit]

« 今週から2歳戦が始まるのか  |  もう1頭行くか、それとも止すか »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cjamblues.blog.fc2.com/tb.php/537-81224ce6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

1口DB

馬主・1口馬主

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ